普段から揃えておくと安心な常備薬

普段から揃えておくと安心な常備薬は何

風邪かもしれない不調には

痛みを楽にする鎮痛剤

頭痛、歯痛、女性ならホルモンバランスの影響から起こる痛み、風邪など病気ではないけれど、痛みは辛いです。
ゆっくり休めれば良いですが、そうも言っていられない時には鎮痛剤があると便利です。

痛みはストレスになりますし、頑張って乗り越えたい仕事等にも集中できず我慢が非効率になってしまう事もあります。

歯の痛みに関しては応急処置で、原因そのものの治療をしなくてはなりませんが、歯の痛みは本当に辛いので、痛みの症状だけでも抑えるだけでも楽になります。

鎮痛剤は飲めば痛みが治まるので便利ですが、常用すると効きにくくなってしまう事もあるようです。
辛い時や、今は頑張って乗り切りたい、応急処置として使うなど頼りすぎてしまわないように注意は必要です。

消化器系のトラブルに備える

消化器系のトラブルも、今すぐ何とかしたいと思う症状で薬を持っていると助かります。

食べ過ぎがきっかけになり、胃もたれして吐き気がする、身体がだるい、お腹を壊してしまう時があります。
病気ではないから病院にも行きにくいような緊急事態に、薬が手元にあると助かります。

会議中や電車の中など、今は身動き取れない時に症状が出ると本当に困ってしまうのが消化器系のトラブルかも知れません。
痛みだけなら我慢する事も出来ますが、吐き気や下痢は症状を抑えてしまわないと大変です。
緊急事態を想定して水なしで飲めるタイプの薬もあります。

ただ、吐き気や下痢は感染症の症状の場合もありますので、症状がひどかったり熱がある場合には病院に行かなくてはなりません。